ウィンドウズ起動プロセス ハードディスク復旧ナビ

このページのテーマは
「ブート(Boot)、ブートストラップとは」です。

ブート(Boot)、ブートストラップとは



ブートとは簡単にいいますとウィンドウズのようなOSをパソコンに起動させる過程です。
正式なIT用語としてはアメリカなどでは「Booting:ブーティング」があります。
日本では「ブート」、「起動」、「ブートストラップ」が一般的に使われています。

つまり、「ブーティング」という言葉が日本ではあまり慣れていない方が多いので、ブートストラップまたはブートで統一して説明します。

ハードディスクが設置されたOSはユーザが自由に選択して設置出来ます。
目的に合わせて設置した様々のOSを起動させてパソコンを動かせるためのブート過程が必要になります。

PCを起動した時、ウィンドウズがでないとブート部分に問題があることです。

ブート過程に問題があってもすべてがハードディスクの原因ではありません。

ブートはOSを実行する過程ではありながら様々なハードウェアが正常に動作しているかもチェックして行きます。画面のトラブルはグラフィックカードに問題があたり、キーボードが繋がっていないとかなど、他のハードウェアのトラブルでブートが止まってOSが正常に起動できない場合もあります。

[ウィンドウズ起動プロセス]関連情報(BLOGRANKING)

関連キーワード

   •   •  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://zerox.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/17

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)