Top2007年08月 »

新着情報【2007年07月

2002年度購入したハードディスクが何日前から調子がおかしくなって来た。突然ウィンドウズシステムファイルエラーがでったり、ファイルが開かなくなったりし始めた。熱のせいだと思ったが、「SmartHDD Pro」で調査したら、結構不良レベルがたかった。HDD引っ越しの時期が来た。

最近ハードウェアメーカが続々大容量ハードディスクの新商品を発表しています。デジタルビデオ、カメラ、音楽、ゲーム、データのバックアップなどデータの量がギガ段位でも足らないぐらいだ。最近発表されたVista、Windows Office 2007を一緒にインストールするだけでも10GBでも足らないくらいだ。 最近作られた大容量ハードディスクがウィンドウズXPでも認識されてないモデルがある程急速に容量が大きくなっている。たぶんマイクロソフト社も全部把握出来ないんじゃないですかね。

ハードディスクがバイオス上で正常に認識してもウィンドウズで使えません。この場合はほとんどがパーティション作業とフォーマットをしてないからです。

CMOS CHECKSUM ERRORはCMOSに記録されたデータが消されたかまたは損傷が有った場合のエラーメッセージです。CMOS(Complementary Metal Oxide Semiconductor)は半導体の一種です。バイオスはPCに電源入れるとハードウェアを点検する役割をしています。ここにはPCのカレンダと時間も含まれます。

Windows 2000/XPインストール中にパーティション設定する時にどうやっても少しの領域(約8MB)が残る経験をしたことがありませんか。 セットアップ時だけではなく、ディスク管理者でのパーティション設定の時も同じことが発生します。もちろんこの場合はパーティション化されない部分はみれません。

2.5インチHDDに250GBモデルが続々発表されています。 現在、2.5インチ磁気ディスク1枚で構成され100GBが最近主流だが、250GBモデルには1枚125GBを2枚を収納した超高容量を実現しました。

DOS、Windows 98のようなOSのファイルが損傷されているか、ブートレコードが破損した時に表れるエラーメッセージです。 SYSコマンドで起動関連システムファイルを復旧しましょう。

外付けハードディスクに使用されているインターフェイスは多様です。外付けハードディスクが紹介された初期にはSCSI方式が主に使われまして、パラレルポートも使われました。 最近の外付けハードディスクはほとんど IEEE 1394かUSBが使われています。

フォーマットしたら途中で突然止まってしまうとハードディスクの物理的な原因の可能性が高いです。特に不良セクタが多い場合にフォーマットが途中で止まる場合があります。

Norton Ghostはハードディスクのデータをそのままコピーしてイメージ化するバックアップ用としては有効なソフトウェアです。しかし間違えてバックされたイメージファイルをハードディスクに復旧作業をして既存に保存されたハードディスクに上書きしてしまうとハードディスク内にあるデータすべてが削除されます。

事故や不意によりフォーマットしてしまった場合でもデータ復旧は可能です。データ復旧専用ソフトウェアを利用することをおすすめします。ほとんどの復旧ソフトウェアはフォーマットして削除されたデータを復旧させる機能を持っています。

間違えて削除したパーティションはファイナルデータ(FINALDATA)という復旧プログラムで復旧することが可能です。実際フォーマットしてもデータはハードディスクに残っています。パーティションを削除したことはデータが保存された空間に関する情報が失われただけでデータはそのまま残っている状態です。

HDD Regenerator(HDDジェネレーター)はABSTRADROME社が開発したHDD復旧ソフトウェアです。物理的不良セクタ部分を独自の技術で復旧出来るソフトウェアです。ご自分でデータ復旧を挑戦出来る復旧ソフトです。

ハードディスクの振動は回転数にある程度関係があります。回転数が大きければ大きいほどすこしですが、速度が早いはずです。5400rpmの製品と7200rpmの差であれば十分に振動の程度を区別出来ます。つまり回転数が高いほど振動が激しくなります。

PCが落ちる原因がいろいろあります。ソフトウェアの不具合、メモリの不具合、グラフィックカードの不具合、電源のファンのサーモスタットの不具合、電流の不安定、マザーボードの不具合など原因は様々です。

使用中には特別な問題がないが、動作中に異音が大きく不規則に聞こえる製品もあります。これはいまのところ問題はありませんが、

パソコン上で表示されるハードディスクの容量は仕様書にある容量より少なく認識されます。パソコン上で認識されている容量と仕様書上の容量が違う理由はハードディスク容量を計算する方法を分かれば理解出来ると思います。すべてのパソコンではKBという段位を使用しています。

ハードディスクから周期的に「カチカチ」と異音が聞こえましたら、ハードディスク自体に物理的な損傷の可能性が高いです。

不良セクタは特に外部からの衝撃でよくありますが、その他にも老化によっても発生します。不良セクタが発生し始めるとハードディスクの老化がある程度進行していると考えてもいいでしょう。

難易度:中級レベル。 解決ポイント:ファイルシステムを復旧します。 点検部分:パーティション、ウィルス データの安定性:...

パーティションに異常が発生した時のメッセージです。パーティションに異常があった場合、つまり先頭領域にある(MBR) パーティションテーブルが壊れた時です。この場合、ブートはもちろんハードディスク内のデータも損傷した可能性が高いです。パーティション損傷の原因は多様ですが、ウィルスによる問題が発生する場合もあります。

ウィンドウズ98のようなドス(DOS)ベイスのOSでよく発生する症状の一つです。DOSモードのブートに必要なCommand.com, Io.sys, Msdos.sysファイルに異常がある場合に発生します。

コンピュータの電源を入れて、起動させようとした時、突然「Missing operation system」または「Non-system disk or disk error」、「DISK BOOT FAILURE」、「Invalid system disk」、「Operating System Not Found」等のエラーメッセージが表れ起動が出来なくなる場合があります。

ハードディスクではなくCDまたはフロッピディスクでブートになる理由はドライブにディスクまたは起動可能なCDが入っているからです。またPCの起動順番がハードディスクではなくCDまたはフロッピディスクが優先されているからです。 テクノラティプロフィール

フロッピ・ディスクドライブのランプは付いていますが、フロッピ・ディスケットでのブートが出来ません。またはブート途中にエラーが発生する場合もあります。 テクノラティプロフィール

一番多いケースはジャンパー間違えてセッティングした時です。 CD-ROM、CD-RW、DVD-ROM等を設置した後にハードディスクが認識しなくなったのはほとんどハードディスクとドライブを同じケーブルに繋いでいる場合です。

ハードウェアの設置・変更がなかったにもかかわらず突然電源が入らない理由はさまざまですが、ほとんどの場合、メインボードかグラフィックカードに原因があります。

とても珍しいですが起動途中にBIOS(バイオス)画面で止まる場合があります。 この場合、ハードウェア的な問題の可能性があります。

ウィンドウズが振り替えして再起動する原因は様々ですが、初心者がこの問題の原因を見つけるのはとても難しいです。ほとんどの場合、メインボードの異常の可能性が高いです。

PCに電源を入れても起動(ブート)が出来なくなったらパニック状態になります。ハードディスクが正常に認識し、起動が出来ない場合はほとんど起動に必要なファイルが損傷したかブートセクターがウィルス等の原因でハードディスクパーティション情報が壊れている可能性が高いです。

ウィンドウズに異常が発生した場合はセーフモードで起動します。 しかしセーフモードでも起動出来ない場合はウィンドウズで使用されているシステムファイルが損傷された可能性が高くなります。

フォーマットをしてもフォーマットが全くできない場合があります。たまにウィルスまたは一部のソフトウェアによりこのような問題が発生します。

BIOSバージョンが古くて最新のハードディスクを正しく認識出来ない場合がありますが、単純にバージョンが低いBIOSのため、表記上のエラーが発生する場合があります。

一台のハードディスクでは正常だが、二つ以上のハードディスクを設置すると「HDD Controller Failure」エラーメッセージが表れる。

昔のハードディスクのサイズは一つしかなく、スピードや容量も製造メーカ別あまり差がなかった。しかし今回ハードウェア主メーカ、Samsung(サムスン)とSegateがハードウェアの多彩なバリエーションの波を起こした。

既存のハードディスクに追加で新品・中古ハードディスクを装着した時、認識しない原因は多様です。ハードディスク自体の異常の場合でも認識しませんが、ほとんどの場合下記のような原因で認識しない時が多いです。

電源ケーブルは直流ですので、マイナスとプラスに区別されています。逆に差し込まれるとハードディスク内に電気の電極が逆になって流れ込むので結局ハードディスクの裏側にある基盤に損傷を与えて燃えます。

ハードディスクのような保存装置は高い信頼性が最優先されます。物理的な異常で発生した場合は使用しているハードディスクをそれ...

よく発生する問題ではないがウィンドウズを再インストールするたけで解決できない問題があります。 主にハードディスクのシステ...

ウィンドウズの速度が遅くなっていませんか? 異常症状がたまに起きることが長期間振り替えしますか? 面倒だが再びウィンドウ...

ハードディスクに設置されたOSを実行するブート過程の中でバイオスが非常に重要な役割しています。パソコンに電源を入れ、バイ...

ハードディスクの表面にはハードディスクの各種情報がラベル形で付着しています。 ラベルにはハードディスクの容量及び製造社などが書いています。

ハードディスクは10cm程度から落としても壊れる可能性が高いです。 このように衝撃に敏感ですのでPCから分離または移動する必要がある場合は非常に注意する必要があります。

どんな製造メーカのモデルが装着されるか予想できません。バイオスは多彩なハードウェアを把握し連結に問題がないか、正常に動作しているか、最小限の検査過程をしてOSを実行させて各種のハードウェア情報をOSに伝える役割をしています。

ブートとは簡単にいいますとウィンドウズのようなOSをパソコンに起動させる過程です。 PCを起動した時、ウィンドウズがでないとブート部分に問題があることです。 ブート過程に問題があってもすべてがハードディスクの原因ではありません。

ウィンドウズだけではなく他OSでも長い間使用すると問題が発生する可能性が高くなります。 特に管理をしっかりしないでソフトウェアを設置することでウィンドウズに様々な異常症状が見られます。

使用中に発生する問題

外付けハードディスクを取り付けたが、スピードが遅い。
Norton Ghostで上書きされたデータは復旧可能か
フォーマットしてしまった。データ復旧可能ですか?
間違えてパーティションを消した、復旧できますか?
ハードディスクの振動が激しくて気になる
パソコンがよく落ちる(システムダウン)
破れるような異音が不規則に出ます。
120GBなのに実際には120GBが確認されない、認識容量がおかしい。
動作中に周期的に「カチカチ」音が聞こえる。
不良セクタが発生しました。

設置・管理中に発生する問題

ハードディスクがバイオスで認識しているがウィンドウズで使えません。
ウィンドウズパーティション分割中に8MBの謎は
フォーマット途中で"フォーマットに失敗しました
ハードディスクのフォーマットが出来ません
BIOS(バイオス)で認識しているハードディスクの容量がおかしい。
「HDD Controller Failure」エラーメッセージが表れる
新しく設置したハードディスクがまったく認識しません
電源ケーブルを逆に差し込んでしまった
ハードディスクを落としました

起動中に発生する問題点

CMOS CHECKSUM ERRORが出って起動が止まった
Error loading operating systemのエラーが出って起動しない
NO ROM BASIC SYSTEM HALTEDというメッセージが出る
起動が出来なくInvalid partition tableというエラーメッセージが出る
起動が出来なく「Bad or missing Command Interpreter」または「invalid command.com Cannot load Command.com, system halted」というメッセージ表れる
起動が出来なく「Missing operating system または Non-system disk or disk error」が出る
ハードディスクでは出来なくCDまたはディスケットで起動する
フロッピ・ディスクで起動が出来なく、FDDのランプがずっと入っています。
CD-ROM、CD-RW、DVD-ROM等を設置した後、ハードディスクを認識しなくなった。
ある日電源を入れてもまったく画面が出なくなった
起動中BIOS(バイオス)画面で固まります。
ウィンドウズXPが起動途中に繰り返えして再起動します
突然ハードディスクは認識するが起動が出来ない
起動しているように見えるがWindows 98が立ち上がらない。

パソコンの電源を入れる瞬間必ず知っておきたい常識と知識があります。

ウィンドウズ起動プロセス一

パソコンを動かす運営システム- OS
ブート(Boot)、ブートストラップとは
PCの本能、BIOS(バイオス)
ハードディスクのブート順序

ハードディスク情報収集

正確な製造社とモデル名を調べよう。

ウィンドウズにはバージョンというものがあります。バージョンが高いのがいつもいいものではありません。ご利用中のPCの性能・用途に合わせたウィンドウズバージョンを選択するのが効率的です。結局ウィンドウズで発生する異常な現象とかウィンドウズがまったく起動しない問題の中ではある程度ハードディスクの原因から発生する場合があります。